UQモバイルでセット販売されている端末レビュー

防水・防塵・耐衝撃の安心国産スマホ!「DIGNO A」

京セラが製造しているスマホ「DIGNO? A」。特徴は大きく2種類、耐衝撃に対応とウェットタッチに対応です。

スマホにカバーをつけて持ちあるいていなかったり、手帳ケース、衝撃に耐えられるスマホケースではないとうっかり手から落としてしまった時に画面がバキッと割れてしまった。

そんな人も多いのでないでしょうか?この、「DIGNO A」は防水や防塵だけでなく、画面ガラスが割れにくい構造をしているので万が一手から落としてしまっても安心です。

それに加えてウェットタッチに対応しています。雨の日に外でスマホを使うとタッチの反応が悪かったり、手が濡れていてもスマホのタッチはしやすい機種になっています。

スマホを長年使ってきたユーザーの不便さを解決した安心の日本製スマホです。

2,000万画素美麗セルフィー!「 HUAWEI nova2」

格安スマホユーザーに根強い人気のHUAWEI。特にHUAWEI nova 2はカメラの性能に定評がある格安スマホです。格安スマホ悪い点に挙げることが多い、インカメラの画質の悪さを解消した格安スマホユーザーのためのスマホ。

画素数が2000万画素もあるのでインカメラとは思えないクオリティーの写真が簡単に撮れます。さらに、カウント機能やビューティー補正機能などついています。

カウント機能はありそうでなかった機能ですし、ビューティー補正機能はアプリを起動して写真を撮らなければ補正機能はなかったぼですが、無駄な手間が省けて助かりますよね。SNSに写真をアップしやすいスマホ。まさに、現代っ子のためのスマホです。

高精細フルHD IGZO液晶搭載!「AQUOS sense」

Sharp製のスマホであるAQUOSシリーズは、液晶の鮮やかさで日本では根強い人気があります。

この「AQUOS sense」は従来のAQUOSシリーズの画面の鮮やかさをブラッシュアップさせたことと、現代のスマホを使ってきたユーザーの悩みを解決させる、濡れた手でも操作が可能という2つが備わった、シンプルさの中にある便利さが光るスマホです。

Sharpのスマホが誇る高クオリティー液晶は、透過率が高いIGZO液晶が採用されているため、消費電力が抑えられている設計になっています。

また、AQUOS senseは基本的なスマホのサービスでは、抜けている物がないので、格安スマホ初心者だけでなくスマホ初心者の方にも手に取っていただきたいスマホです。

おサイフケータイ・防水対応の日本製「arrows M04 PREMIUM」

FUJITHUのスマホである「arrows M04 PREMIUM」は、おサイフケータイ・防水対応と日常をスマートにしてくれる機能が満載です。

大容量メモリーが搭載されており、最大で3か持ちます!他にも、ワンセグやお財布携帯など携帯で合った機能が使えるスマホなので、スマホ初心者さんにもおすすめです。

また、スマホのボディー展開が赤白黒と割とスタイリッシュになっているので、ビジネスマンやスマホにケースを付けない方でも、楽しめるスマホです。

「arrows M04 PREMIUM」の他とは違う特徴であるホーム画面は、文字のみやすさと、使うアプリの操作が分かりやすいので、らくらくフォンを卒業したいシニア世代にもおすすめです。

デュアルレンズカメラ・6GBメモリ搭載の超本格派「ZenFone4」

ZenFone4はスマホ写真のクオリティーが高い機種です。デュアルレンズカメラが搭載されていることで、暗い場所でも普通のスマホの5倍明るく撮ることができるます。

また、120°のセカンドカメラが搭載されているため、通常のスマホの2倍ワイドに撮影することができます。そして、大容量メモリー6GBを搭載しており、動画や閲覧もサクサク行うことができます。それに加え、急速充電(約40分で50%の充電)が可能になっています。

もう一つの特徴は、こだわりのスマホのボディー。約7.5mmの薄型ボディーであること同時に、スリムベゼルであるため、5.5インチの画面からは想像できないコンパクトなスマホのサイズを実現しています。

超広角インカメラで簡単セルフィー「ZenFone4 Selfie Pro」

ZenFone4 Selfie Proという名前の通り、自撮りに特化したスマホです。ZenFone4は外についていた広角カメラが、インカメラに搭載しているため、大人数での自撮りが簡単に楽しめます。

また、自撮り専用アプリである、「SelfieMaster」を使えば、簡単に美肌や色味を加工することができるので、自撮りをSNSにアップしている方にはとても便利なスマホだと思います。他には大画面ディスプレイとその明るさが特徴的です。

画面占有率が76.7%であり、500nitsと明るいAMOLEDディスプレイであるため、スマホが見やすく、写真にこだわる人だけでなく、ディスプレイにこだわる人にもおすすめです。

コスパ最高のミドルレンジ端末「HUAWEI P10 lite」

HUAWEI P10 liteは、カメラ機能が充実しています。高速フォーカスに加え、フードモード、プロカメラモードを搭載しており、素早くキレイに撮影することを可能にしています。

また、画面の硬度も、7Hの傷つきにくいガラスを採用しており、手になじみやすい形も特徴的です。スマホの難点である、使い続けるとガタがくるのを改善する新しいファイルシステムが搭載されているため、使い始めと同じスピードでスマホを使うことができます。

他にも、急速充電にも対応しているので安心です。スマホの機種にこだわらない人や、長く使い続ける人におすすめな機能が多く搭載されているので、格安スマホ初心者から、既にユーザーな人にもおすすめなスマホです。

IGZOディスプレイ搭載で長時間駆動の国産スマホ「AQUOS L2」

AQUOSフォンの目玉である、鮮やかなディスプレイを電池残量を気にせず楽しむことができる、IGZOディスプレイを搭載したスマホです。

シャープのディスプレイファンならうれしい機能ですよね。他にも、お風呂でも使える防水機能が搭載されているので、お風呂に長く入る方や、防水テレビがない方などお風呂を満喫するためのアイテムに間違いないです。
国産スマホであるAQUOSフォンは、シニア世代の初スマホとしてもおすすめです。

父親や母親のプレゼントにもおすすめです。AQUOSフォンの中ではお値段も安いので、スマホは最低限の機能だけで十分な方や、あまりスマホを仕事で使わない方、国産スマホにこだわりがある方におすすめです。

メタルフレームと高性能CPUが魅力「HUAWEI nova」

HUAWEIはたくさんの機種が出ていますが、一番スタンダードなモデルです。
HUAWEIのスタンダードでも、クオリティーは他の格安スマホに比べると、高水準なものだと思います。

メインカメラは1200万画素、インカメラも800万画素もあるので普通にカメラを楽しみたいなら、かなりクオリティーの高いものが撮れると思います。HUAWEIの特徴である、長くスマホを使い続けられるところも変わらずです。

大容量バッテリーとオクタコアCPUも搭載されているのでマルチメディアも長く楽しむことができます。とにかく、そんなに機能がついていてもどうせ使わないと思う方や、HIAWEIってどんな感じのスマホなのか特徴がよく分かるスマホだと思います。

音にこだわりたいなら、BLADE V770!

BLADE V770は、スマホには珍しい音にフォーカスしたスマホです。スマートフォン再生システムに合わせてサウンドが自動最適化されるドルビーオーディオが搭載されています。

これにより、高品質なサウンドを聴くことが可能です。また、ッドフォンを通せば、より臨場感があるサウンドを楽しむことができます。HUAWEI nova同様オクタコアCPUを搭載しているので、快適に操作することができます。

スマホを最初に買うときは何でも間でもついていた方がいいと思ってしまいますが、使わない機能って意外とたくさんあったりします。

余計な機能はいらないから、安い物をと思い格安スマホに替える人も多いですよね。特にBLADE V770は、スマホはLINEと音楽を聴くことが多い人におすすめな機種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)